« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

jmof 2017 もロワジールホテル豊橋開催だったら役に立つかもしれない話。

Photo

今朝の中日新聞(東三河版)を読んでいましたら、豊川に白鳥が来ている
との話があり、豊川市への買い物ついでに賀茂橋を通ってみたら、
本当に白鳥が3羽いました。一応、「ケモノ」でしょうか…さぁ…?

1990年代。ホリデイイン・クラウンプラザ豊橋だった頃。最上階にある
レストラン「ル・モン」で新入社員歓迎会があって、いきなりマイクを
持たされて事故紹介させられたのが懐かしい(トステム豊橋工場)。

Photo_2

ホリデイスクエア(ロワジールホテル豊橋のあるショッピングモール)の
北向かい50メートルぐらい行った所に、豊橋で名の知れた和菓子店の
「お亀堂」があります。愛知県のコンテストでも入賞した名店です。

お亀堂
http://www.okamedo.jp/

知人と集まった会話の席に持ち寄ってみるのも良いかと…。

Photo_3

車で移動組(ホリデイスクエアの駐車場でも参加者の多彩な
全国ナンバー車を見かけましたが(汗)の方は当然ご存知の
東名高速道路、豊川インターを南に出てすぐの豊川稲荷。

もう混んでいないだろうと、今日、13日に初詣をしましたが、
まだ結構なお客さんでビックリしました。ご存知の通り、日本
三大稲荷の一つ。狐好きの方はご存じの場所かと。

いなり楽市
http://www5f.biglobe.ne.jp/~okitsu-net/rakuichi.html

現在は冬の休止期間ですが、3月からは門前の商店街で
「いなり楽市」が毎月第四日曜日に開催されます。昨年の
秋には「きつね祭」が開催されていました。

なみまにさんかく いなり楽市 きつね祭
http://namimanisankaku.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/20150705

私も「ユキ*トモ」さんという作家さんの「狐の眼鏡拭き」を
購入したんですが、使うのが勿体ないぐらいのイラストで
まだ使えずに置いてあります(笑)

先に書いた通り。稀に「着ぐるみ」「きぐるみ」「獣」「ケモノ」系統の
パフォーマーの方が参加されているようです。一応、コスプレ
可能なイベントとなっています(いなり楽市主催者にご相談を)。

2

少し暗い画像ですが、夜間を再現して店内が暗くなっている
のですが。北欧をイメージしたNゲージレイアウト。鉄道カフェの
テーブルで、テーブルの中をNゲージが走っています。

ミニチュアワールドカフェ 愛知県豊川市一宮町栄153
http://m-f.co.jp/?page_id=488

豊川インターからロワジールホテル豊橋(豊橋市藤沢町)に車で
向かう場合は南に出ますが、新城市、北の方向に出て、車で
5分程。砥鹿神社を通り過ぎてすぐの場所にあります。

鉄道好きの方は行ってみるのも一考かもしれません。

1

ちなみに。今日私が初めてお昼のランチに行ったのは、とある
イベント開催の下見を兼ねてなんですが(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jmof 2016 日本国 愛知県 豊橋市 ロワジールホテル豊橋 開催されました。

Jmof2016
我が家の「虎乙女」というか「虎おじさん」か?玄関で見張りしてます。

2016年1月8日から10日まで開催のjmof2016は無事閉会したようです。
ようです…。ビクビクしてる私なんで、とても職場に「連休下さい」
なんて言えませんからぁ。1日だけ拝見するのが精一杯でした。

どうも、閉会したのに、今日も「のんほいパーク」で一部の方が
グリーティングをしていたようで。「どいい(三河弁で、いいなの最上級)」
と思いつつ、同じ豊橋市の片隅で今日も1日仕事をしておりました oTL

事の発端は先のブログ記事の通り。ロワジールホテル豊橋で「そんな事」
をしているの!と知ったのは1月も末。「とある資格試験」に合格したら
絶対に行ってやる(爆)と思う私も私ですが。きぐるみ持ってないのに。

Photo

とか言いながら。豊川稲荷「いなり楽市」で拝見して知ったんですが、
「荒ぶる毛玉サーデュオンさん」とか、「ジャグリングドラゴンさん」とか
名前を存じている時点で「只者ではない」と言われてしまいそう(汗)

かなり「心のメーター」が振り切れそうでしたが(爆)いい歳した
「オジサン」なんで、その辺は堪えましたけど(笑)にしても今回は
本当に凄い人達の力作を拝見させて頂き感服致しました。

ネットが多少は普及した頃から検索してたんで上澄みだけの知識は
多少あるんですが、実際に行動されている方々のバイタリティは
凄いなと思ったりしました。本物はやっぱりねぇ。

先の「いなり楽市」に私が出没する理由は、知人の方がミュージシャン
なんで(平成民謡 風流院 杜田龍神斎さん)単に楽市で追っかけを
しているようなものなんですが。いろんな人達と会えますね。

また大学時代の同級生が浜松で大道芸(テイクワンファミリー)を
しているので。本気で自分も何かした気はあるんですが…
スポーツが苦手な私には大道芸とか不向きですが(苦笑)。

昨年は初日に「東愛知新聞」の取材が入ったようで、開催2日目に
jmofの様子が写真と共に新聞紙面に掲載されていました。

「JMoF」に参加したリアルな着ぐるみたち=ロワジールホテル豊橋で
http://www.higashiaichi.co.jp/newspaper/befor_today/2014/140112t/14011207.html

9日も「取材」らしき腕章を巻いている人がいたので、てっきり今回も
「東愛知新聞」に掲載されるであろうと勝手に妄想してしまい
「サークルK牛川田ノ上店」で買ってみたのですが、10日に記事はなく
がっかりして、かなり凹みました(爆)

それ以上に凹んだのは、記事の文面に「参加者は、学生や社会人など
20~30代の男性がほとんど」って言う時点で「アウト!」じゃん(笑)。
もう前厄、本厄、後厄も終わってますから。それなりの年齢です(汗)。

まぁ。インターネットが初めて日本で開通した時に「時計を見ながら
恐々ホームページを開いて、画面が出た瞬間に電話を切った」なんて
経験ある日本のインターネット黎明期からネット世界の住人です。

30代…ちょっと。ちょっと超えただけ。なら、まだ大丈夫かなぁと
思いつつ。とにかく部屋の中が「食玩」だの「鉄道模型」だの色々な
物で溢れているので、これを片付けないと制作スペースが無い。

ただ。見ていて思ったんですが。別にフルスーツ(全身)でなくても、
ヘッド(頭)と手(手袋)だけ作って、普通に服を着ているだけでも
自分には十分な気がします。

バッグから「サッと出して着脱」出来るし。何より人間のトイレが
使えるんで、非常事態に対応出来るし(笑)荷物にならないし。
その辺でちょっと考えてみようかとは思っています。

そうそう。その辺のネットで得た知識だと、こういうのってアメリカの
西海岸とかにあるホテルを貸し切って行うコンベンション形式の
祭典がある(kemoconだとか)という程度の知識はあったんですが。

それが。家から車で35分ぐらいの所でやっていた。今も写真を見ると
一瞬「アメリカに行ってたんじゃない?」と錯覚してしまうような光景
で現実感がなかったという、何とも不思議な体験でした。

イトーヨーカ堂では「中身はきっと男だ」とわざわざ聞こえるように
言った輩がいたようですが(爆)。豊橋市民の多くがそんなDQN
ばかりではないんで、気分を害されていない事を祈るばかり。

同日。9日10日は万博記念公園で「ぽぷかる5」を開催して
いたんですが。これだけ大きなイベントなら、愛知県も「コスサミ」
みたいにサポートして海外に愛知を情報発信してもいい気が。

まぁ「のんほいパーク」がイベント協賛=豊橋市がサポートしている
という事になるんで。でも、参加者に市の観光PRをするとか
何か仕掛けを考えてもいい気がしました。
(日本国内、海外を含めて600人もの人達が集まるんですから)

他にも余談。「ズームインサタデー(愛知県では中京テレビ)」
を見ていたら「ゆめかわいい」の話が出ていて。そこで
「マイリトルポニー」のシャツ等々が紹介されていて。
その作者の方も豊橋に来ていたんですね。放送されてた時に。

10日もチラチラとテレビを見ていたら。なんか。次期のスーパー
戦隊が「動物戦隊ジュウオウジャー」だとかで。普通なら華麗に
スルーなんですけど。「え”」と目がテンになりました。

いやこれ何かのパロディーじゃなくて、本気で「獣人モノ」を
幼児に見せる訳だよね。物事の分別が解るようになってから
(十分大人ですって年齢)でないと大丈夫だろうか…と。

まぁ自分が「そういう事」に気づいたのは中学生でしたけど。
ちなみに戦隊は「秘密戦隊ゴレンジャー」の頃が3歳?
しっかり見てたのは「太陽戦隊サンバルカン(浜名湖ロケ有)」
ぐらいですけど。

だいぶ話が脱線したんで、この件はこの辺で終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JMoF 豊橋 で タイ国君 らしき人物と遭遇?

そう言えばココログのカテゴリーに「コスプレ」とか「着ぐるみ」ってあるんですかね?
作ってもいいんですが、ネタが1年に1個か2個なんで作りません。

実に衝撃的と言えば衝撃的。昨年は資格試験で「婚活」どころではなかった2015年。

「とんでもない難易度の資格」を「運良く」…絶対に「努力」とか「根性」とかそういうの
ではなくて「運良く」初回の受験で合格してしまった私。一生の運を使い果たした…。

思えば、かなり「引きこもり系」なんで、豊橋市、豊川市から滅多に出ない私。

そんな私も珍しく昨年は「庵野秀明特撮博物館」で名古屋市科学館に行ったり。

0605_3

「愛地球博10周年コンサート」で初めて愛知県体育館に行ったり。

その「難関の試験」の下見で名古屋大学の玄関を見ただけで家に帰り。

0605_1_2

その「難関の試験」の当日を名古屋大学の全学教育棟で受験したり。

0605_2

年4回も名古屋に行っているではないか!という時点で「嘘つき」と言われそうですが。

ラジオのリスナーとして活動していた頃は、名古屋の久屋大通とか、
ラジオ番組のリスナー集会とかで、名古屋にたまには行っていたんですけどね。

名古屋にある派遣会社に勤めたり、名古屋の情報系専門学校で職業訓練したり、
名古屋に詳しかったりするんですよね。たまに地下鉄の内回り外回りを間違えますが。

何の話だっけ?そう「婚活」の話。地元の婚活企業HPを巡視していた時。
「婚活業界は年末年始も大忙し」みたいなブログの記事で。

3連休最終日は大変
http://wedding-toyohashi.com/article/detail.php/784/133248

どう見ても…ホリデイイン豊橋、ホテル日航豊橋、ロワジールホテル豊橋の
ロビーらしき写真。どう見ても…人間ではない。フ…ファリーな人達の写真が。

最近、豊橋市公会堂とかでコスイベとか増えてるっていうのは聞いていたんですが
まさか、豊橋で着ぐるみ系の、それも全国的、世界的なイベントがあるとわぁ。

JMoF ジェイモフ 豊橋
http://j-mof.org/

JMoF twitter
https://twitter.com/jmof_pr?lang=ja

かなり、デカルチャー(マクロス)。カルチャーショックな衝撃を受けましたって。
あんたは「婚活」よりも「コスプレ」とかの方が大事なのかい!って言われそうですが。
どっちも大事です(かなり真剣)。

まぁ。もう少し若ければ、自作とか本気で考えそうですが(とか言って、園芸ネットと
グールガンは買ってある。毛がないだけ)。随分前にカミングアウト済ですが、
実はそいう嗜好があって、そういうサイトの会員になってたり、そいういう絵が
何故か「美少女CGスーパーセレクション(ムック本)」に掲載されたりしましたけど。

某旅サイトで「地元キャラになる旅」も本気で応募したいような気もしています。

仕事旅行
https://www.shigoto-ryokou.com/

ご当地キャラプロデューサーになる旅
https://www.shigoto-ryokou.com/detail/130

※ 実は、JMoF 豊橋 2016 のテーマは「未知との遭遇」でしたが、その元ネタは
この「仕事旅行」さんのキャンペーンだったようです。恐らく、運営スタッフの
誰かが「着ぐるみ」で検索していて、発見したんでしょうね。


特集 - 未知との遭遇。
https://www.shigoto-ryokou.com/feature/michi

来年1月開催の JMoF 豊橋 2017 のテーマは「豊橋サスペンス劇場」ですが、
これは単に、某2時間ドラマ枠のパロディでしょうが…。こんな細かい事に
「着ぐるみ」持っていない私が、気が付くのも何ですが(笑)

ちなみに。豊川市で過去2回、「着ぐるみ」企画のコンペがあって、2度応募。
1回目は「穂の民(ほのみん)」で敗退→「狐娘ちゃん」が採用。
2回目は「いなりずきん」で敗退→「いなりん」が採用。という苦い経験を持って
いるので、採用の2人を応援してはいますが、悔しさもあります(笑)

もちろん。採用されていれば、当然「自分が入ります!」って挙手しましたけど。

そんなタナボタを期待する方が間違いな訳で。自作しなさいって事でしょうね。
もう「資格試験」なるものの勉強はしたくないので(笑)そろそろ自分の世界を
広げる為に何かしてみたいものですね。

※ タイ国君とは…どうやら、タイにお住いの(普通、タイ人の青年って言う)
着ぐるみ好きの青年の事。その人物を知ったのは、名古屋にお住いの
Danja ダーニャ さん と交流があり、そのサイトを拝見していた時。

この話は話すと長くなりますので(笑)でも、自分が名古屋市、栄にある
「名古屋情報メディア専門学校 栄サテライト教室」に通学していた頃、
数百メートル先の専門学校で先生をされていたようで。

どうも偶然とか他人毎に思えず、時々サイトを拝見している方だったりする。

表題の「タイ国君」らしき人物…。目の前にしても「英語が話せん」もんで。
結局「あざーす」的に手を振るのが精いっぱいでしたね(爆)英語全然ダメ。

夢の一つにJR東海ツアーズで募集している「北欧オーロラツアー」に参加して
オーロラの写真を撮りに行きたいんですが、いくら添乗員がいても、英語ぐらい
話せないと楽しめないし、現地で危機があっても逃げられないし。

何とか50になる前に初級でいいから、英会話も勉強したいとも思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »