« 浜松基地が雨なら、豊川駐屯地があるさ。 | トップページ | 風まつり 手筒花火 宝飯郡小坂井町 »

自分は何に病んでいたのか…。

昨日、BSフジテレビの「PRIME NEWS」を見たら、「五木寛之さん」と
「香山リカさん」が出演されていたので、すぐさま録画したのですが。
やはり、この本の話や「カツマー問題」が取り上げられていました。

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

Book しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

著者:香山 リカ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私もこの本を買いました。丁度、8月に入り、職場での悩みもピークを迎えて
いた頃に購入し、会社を辞めた後に、ゆっくり読みましたが。あ。ブログ記事は
本の宣伝ではありません。私が言わなくても、既に売れてますから。

職安で見つけた「ヤング・ジョブキャラバン」のチラシを見たのがキッカケで
思い切ってキャリアカウンセリングを受けました。その時に過去の事を
隠しても良かったのですが、性格もあってか正直に初就職の時から話しました。

自分としては「今の現状を誰かに聞いて欲しい」という想いと、「どうしたら
いいのか?」という、目的を見失って途方に暮れていたので、「ヤング」では
ない中年であるものの、恥ずかしいなんて言ってられなかった気がします。

その時のカウンセリング、そして、その後の精神科医との会話でも全く同じ
事を言われました。自分はどうしたら良いのか判らなくなっていると思いこんで
いたのですが、「あなたは自分でしっかりと考える事が出来ている」と。

自分が憧れていた「勝ち組」になる為に頑張って、市役所職員や地元大手企業
の社員を目指し、ついには地元ガス企業グループ会社の社員になれる
チャンスを得て、正社員になったら、次は「婚活」だという夢や希望。

しかし、実際の職場のギャップ。自分が憧れていた職業に就けたはずなのに、
自分の思い通りにならないもどかしさ。その時「これは、自分がいけないのだ」
と既に自分を責めるような考え方に、思考が傾きつつありました。

カツマーではないものの、「営業で成功する本」を衝動的に買いました。その後は、
ラジオで業界の「成功者」が出演する番組で「私も営業が苦手で向いていないと
思ったけど、こうしたら成功しました」といった内容に聞き入ったり。

でも、昨夜の放送で「五木さん」が言っていた事が正しかった気がします。つまり
誰もが成功者になれる訳でなく、やはりその仕事に「向いていない人もいる」こと。
自分が「その仕事に向いていない」という事を「認める事」が大事なのだと。

それが受け入れられなくて、退職後から一気に精神的に不安定になった気がします。
その後、「しがみつかない生き方」を読んだり、カウンセリングを受けたりして、
ようやく落ち着いて、次の仕事に就くためのステップが見えて来たような気がします。

実は営業をしていた時にあるお客様から「あんたは真面目すぎる。ハッタリが出来る
(時には嘘つく)人間でないと、営業は出来ないよ」と言われた事がありましたが、
今考えてみれば、その通りだった気がします。

カウンセラー、精神科医からも「あなたは嘘を付けないでしょう?」と言われました。
過去に「いじめ」に遭ったとか、優しいから「弱い人の立場が良く分かる」のでは
ないか?とも言われて、今は福祉関係か、それに関連した仕事も考えています。

昨夜の「PRIME NEWS」でも一部でしょうが視聴者からの投稿で「カツマーの
娘が上京して憧れの会社に入った。しかし、自分の思うように活躍できず
うつ病を発症してしまった」という話もありました。

連日のように、名鉄とか東海道線とかで「人身事故」の新聞記事。最近では日本人
だけでなく、日系ブラジル人の方でも自殺と思われる事故の記事もありましたね。
世間的に「自殺」が増えているのは、新聞の一面記事にも出ていますよね。

先日のNHKクローズアップ現代でも「自分がホームレスだという事を認めたくない」と
苦悩する、自分と同じ30代が取り上げられていて、胸の痛い思いがしました。
そして私も正直に自分の事を認め、カウンセラーや先生に話す気になったのです。

人生80年の今、30歳代で「挫折した」と騒いでも、あと50年ある事を考えれば
「白旗を上げる」のも恥ずかしくない気がします。昨夜、政府から「緊急雇用対策」で
10万人の雇用創出、ハローワークでのワンストップサービスの開始との発表。

自分の今後も考えつつ、今後どうなるのかを見守りたいと思っています。

|

« 浜松基地が雨なら、豊川駐屯地があるさ。 | トップページ | 風まつり 手筒花火 宝飯郡小坂井町 »

コメント

そうなんだあ。
もうちょっと楽に生きようよ。
そんなに真剣に悩んでもはじまらないし、
何も変わらない。だったら、もう少し、
肩の力抜いて。
私は、とにかく、住む家があって、
食べることができれば良しと思う
ことにしています。
もうねえ、悩んでも、悩んでも(そう、こんな
お気楽に生きてる私にも悩みはあります)
仕方ないし、ましてや、自分のことじゃないから
どうすることもできないし、
とりあえず、夢ちゃんは前向きに自分を見つめる
ことができたんだから、まずは進歩。
あとは、前に進むだけ。そう考えましょう。
私は、仕事が気晴らしになってるからなあ。
いやなこともたくさんあるけど、もうねえ、
数字を挙げるのは大変で、お気楽に見えても
ストレスはすごいし、家庭に帰れば、休まらないし、
でも、愚痴ってもはじまらないしね。
もうさあ、嫁であり、妻であり、母であり、
どっか捨てたいけど、ま、妻は真っ先に捨ててるけど。それでも、先が見えない不安は絶えずあるし、
ま、性格上、ストレスはためないんで。
パグ好きなんですね。今頃知りました。

投稿: Azbea | 2009年10月29日 (木) 13時25分

>Azberさん

度々心配かけてます(汗)先日、ある方に某所で遭った時に何があったのか話しちゃいました(苦笑)

昨年お話した職業訓練の後に「自分の希望する職種」に就けたものの、現実と理想に悩んで。あるお客さんが来た時にも私は一生懸命接客に専念し、何も感じなかったのですが、お客様が帰った後に「あの人、化粧がど臭くなかった?換気扇回しちゃったよ」と一言。接客業としては信じられない態度の先輩に呆然としました。これが有名なこの会社の現実なんだと。

その方と後に度々対立があり、追い出されました。複雑ですが、その方がある親しい方の友達という事もあって、あまりブログでは表だって書いてません。というか、大人として見苦しいという事もありますし。

介護に進むかは別として、職業選択の幅を広げる為にも1か月で取得できるならと、ヘルパー2級の資格を取る事にしました。既に勉強は初めています。

明日は豊川で精神科医「名越先生」の講演会もありますが、既にカウンセリングを受けたり、心療医とも次のステップを目指す事で話をしているので、引き続き焦らず勉強をやってみるつもりです。

PS:パグ犬は大好きですよ。男ですが、パグ犬グッズは縫い包み他、沢山集めています(笑)

投稿: 夢。 | 2009年10月30日 (金) 08時30分

初めまして。『職業訓練』『名古屋』で検索してこのブログと出会いました。私(♂)も今年、派遣切りを経験し名古屋で職業訓練をうけました。いろいろあって悩みカウンセリングを受けようかと考えています。ですが敷居が高く感じ躊躇している状態です。よろしければカウンセリングとはどのようなものか、を聞かせていただけるとうれしいです。

投稿: loko | 2009年11月 8日 (日) 19時08分

>lokoさん

私が受けたキャリアカウンセリングはこちら
http://dokasen.com/?c=e&id=1253126261
ヤングジョブキャラバンの一環ですが、40歳には達していないので無料で受けられたって事ですね。

最近では豊川市でも同様のイベントがありました。
http://www.city.toyokawa.lg.jp/life/200910050002.html

国の政策ですが、管轄は豊橋職安。主催は豊橋市という事で豊橋市市役所に電話をして申込しました。

「キャリアカウンセラー」という資格はこのご時世もあって流行っているようです。私も4度目の再就職を失敗したので、「第三者」の客観的な意見として自分の何が良くて、何が間違っているのかを知りたくて受けました。

要は「自分の今までの職歴を整理して傍観してもらい、その中の誤りを分析してもらって、今後の目標設定に役立てる」という感じです。時間制限もあるのでてっとり早くカウンセラーに状況が判るように、今作っている「履歴書」「職務経歴書」を見てもらいました。

私の場合は「大人しい」「優しすぎる」反面「嫉妬心」「負けず嫌い」「プライド」他色々と「自分の見たくない(認めたくない側面)」も指摘される事は覚悟した方がいいかもしれません。ただ、そうした現実を直視しないと、私のように同じ事を繰り返して職歴を重ねてしまうというのも事実ですし…。

上記のように、「自分の内面」というか「初の就職」から今までの「個人情報」を晒す事になります。キャリアカウンセリング自体がちょっとブームになりつつある今としては、私は「安全」を考えて、職業安定所など公共機関が係るイベントに参加。開始前にもカウンセラーから個人情報の保護については確約を得てからスタートしました。

またこれも「自分の目標設定の目安」ぐらいに思う方が良いと思います。私の場合「優しさ」から「福祉業界」を勧められましたが、本当に老人の下の世話が出来るかどうかと言えば自信がありません。

ここで「言われた通りに再就職活動したのに上手く行かなかった」と思うようではカウンセラーの方も萎縮してしまいます。路上の占いとか、人生相談ではなく、客観的に「新しい方向性を考える参考」という気軽な気持ちで参加されるのなら、良いと思いますよ。

あと2~3日程、ブログもネタ話(たまには プ と笑える話も書きたい)が続いていますが、余裕があれば、キャリアカウンセリングについても、書いてみようと思います。

投稿: 夢。 | 2009年11月 9日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052/31918935

この記事へのトラックバック一覧です: 自分は何に病んでいたのか…。:

« 浜松基地が雨なら、豊川駐屯地があるさ。 | トップページ | 風まつり 手筒花火 宝飯郡小坂井町 »