« 大河ドラマ「風林火山」の舞台から | トップページ | エディオンとビックカメラが提携 »

2008年「ティーズ」新城開局予定。

とにかく今は、ほっとしています。無事、ティーズが新城進出を決定して
安心しました。東三河で最後までケーブルテレビが開局していなかった
愛知県新城市。地上波デジタルになり、本宮山の電波は真っ直ぐにしか
飛ばなくなり、また共同アンテナもデジタル信号は送出不可能。

56Kアナログモデム→フレッツISDN→フレッツADSL そして…

私の住む地域も、家の近所を「きつね」「たぬき」「いのしし」が走ったり、
電柱を「きつつき」が叩くようなド田舎。実は、以前から光ファイバーを
県道沿いに敷設しているのに、何度尋ねても「お宅の地域は開局しません」
の回答で一点張り。仕方なく、ADSL回線を引いたのですが…。

そのADSL回線も、収容局から5キロも離れている為に、回線速度は
何と1MB。プランを16Mから24Mと変更しても、やっぱり1M。どう逆立ち
しても、これ以上の回線速度は出ず、やっぱり僻地か…と半ば諦めていた時
日本列島を揺るがす「大ニュース」が!

地デジよありがとう!ド田舎に奇跡の高速インターネット回線

それが、皆さんご存知の「2011年アナログ放送は停止します」草薙君の
CMでもお馴染み「地デジ」です。私の住む地域はアンテナのある本宮山が
見えるものの「本宮山からの距離が遠すぎる」という理由で、テレビには
「ブースター」という電波の「増幅器」がないと、まともに見れない地域。

そこで、共同アンテナとして、豊橋市北部農協(現在はJA豊橋に合併)が
主体で地域ケーブルテレビ「CTT]を開局していたのです。今から20年近くも前の
設備ですから、当然「アナログ放送」。しかし、地デジの放送がスタートすれば
局社の機材を全て入れ替えなくてはならない。

さらに問題は、ケーブルが「アナログ信号用」であり「デジタル信号」は減衰して
送信できないという大問題が。そこで農協の組合員から意見を集めて出した
結果が「CTT」を丸ごとティーズに売却する事でした。ティーズとしては、配線を
光ファイバーに変える手間があるものの、新たに電柱を借りる必要がない。

専門的な話なんですが、あの電柱も高さ?というか場所により、ケーブルテレビ、
電話会社、電力会社と「場所を借りて」電線に敷設しているんですよね。だから
今まで「CTT」が借りていた場所を譲るだけですから、全くの新規にケーブルを
引いて参入するよりはコストは安かったと思われます。

1年後、涙の出るようなティーズの値下げ&増速

この東三河では、豊橋市、田原市に「ティーズ」。蒲郡市に「スカイ1」。そして
豊川市(元の宝飯郡)には「CCNet」が進出しています。まさに「地デジ」特需を
狙うケーブルテレビ各局は戦国時代。中部電力「シーテック」の系列である
豊川の「CCNet」が安くて高速なプランで豊川市に開局。

これに対抗しようと、「ティーズ」も2006年末から「大幅値下げ」と「増速」を
断行しました。これが、我が家の場合は加入して、わずか1年目の出来事。
もちろん、自分の住む地域では「一番安くて、高速なインターネット事業者」に
なったのは言うまでもありません。

今は5Mのプランを使っていますが、インターネットの動画を見ていても殆ど
ストレスを感じませんし、毎日のように更新されるウィルス対策ソフトの
パターンファイル取得も、あっという間にインストールされますし、ウィンドウズ
アップデートのような大規模なファイルも問題なくダウンロードできます。

2008年4月、豊橋ケーブルネットワーク「ティーズ」、新城局開局予定

今朝の中日新聞三河版にも大きく載っているようですが、当初の計画を
1年前倒しで敷設するとの事。今も遅い回線で我慢しながらネットをしていた
奥三河の皆さんには、本当に朗報だと思います。私も「パソコン通信」の
頃から15年以上もネットをしていますが、その変遷は山あり谷ありでした。

もちろん、単に「情報を受ける」だけでなく「情報を発信する」側にとっても、
今回の光ファイバー網敷設は朗報だと思います。私も「新城ラリー」など
様々な新城のサイトを拝見していますが、もしかしたら高速回線を使った
「ライブカメラ」や「ネット中継」などの情報発信も可能になるかもしれません。

なぜ、ティーズ新城開局を喜んでいるのか…本当の理由は…

実は個人的には、ちょっと理由がありまして。今回、新城市にティーズが
開局するという事は、私の住む町内をドンドコ光ファイバーが通って、
新城市に入り、各家庭に敷設されるという事。そうなれば当然、奥三河にも
回線のメンテナンスや、アフターサービスで訪問する仕事が必要になる訳で。

もしかしたら…田原市開局のように、「ティーズ」新城分室が出来たり、
ともすれば「新城スタジオ」なんかが出来たり。そうなると、インターネットの
技術者や、番組パーソナリティの求人も出るのかな?なんて個人的に
ちょっと希望的観測なんですが…甘いですかね?(爆)

|

« 大河ドラマ「風林火山」の舞台から | トップページ | エディオンとビックカメラが提携 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052/5181344

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年「ティーズ」新城開局予定。:

» 早く来い来い [イニっ記NEO]
地上デジタル放送の電波も2011年までにホントに届くようになるのか不安な昨今だが... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 00時27分

« 大河ドラマ「風林火山」の舞台から | トップページ | エディオンとビックカメラが提携 »