« NHKプラネテス 本放送も佳境に! | トップページ | モットーバトンに回答します。 »

公衆電話、ICカードは交換ですよ!

私も早速交換しましたが、ICカードは使えなくなりますよ。

まさに、世の中と逆行する話ですが、意外な事に、公衆電話の
ICカードが消えて、磁気カードの方が残る事になりました。
私は既に交換したんですが、今日、新聞に告知があったので。

今あるICカードは、NTTに送って交換してもらいましょう

詳しい話は、こちらのURLに出ているようなので、
もしも、ICカードをお持ちなら、ぜひ、一読を。

NTT西日本(東日本は別ページかも)
http://www.ntt-west.co.jp/ptd/index.html

私も、ほんの数回しか使用していない、ICテレホンカードが
あったんですが、この告知を知って電話してみました。
一通り、説明を聞きましたが、早速交換してもらう事に。

すると、NTTから返送用の封筒が届きました。これでカードを
NTTに送ります。もちろん、送料は無料です。さて、カードが
送られると、NTTで残り度数を調べて、その度数の磁気
カードが返信されてきます。これで、交換完了。

新しい物好きで買ってみたのに・・・

とにかく、新しい物好きの私。街角に、ICカード電話が登場
したものの、使っている人は全く見かけませんでした。
そこで、早速購入。ちょっと自慢げに使ってみたりしました。

しかし。本当に、使う人は皆無だったんですね。一応、
内蔵されているICに自分の家の電話番号を入れたり
色々と遊んでみたのに。

ただ、愛地球博のICカードのように、大量の情報を蓄積
できる訳でもないし、他の機器や、家にあるパソコンで
読み取れるという物でもないし。

登場当時は最先端ではあったのだろうけど、だんだん
色々な技術に追い抜かれ(特に非接触カードはスイカとか
お財布ケータイが独断場になりましたし)消える運命に
あったのかもしれません。

にしても、本来は偽造対策の筈で登場したICカード電話。
それなら、高度数を廃止すればいい…というのも変な
話ですね。だったら、最初から開発しなければという気も。

それより残念なのは、あの「日比野さんデザイン」が
好きだったんですがね。ちなみに、私がこのカードを最後に
使用したのは、今は更地になった豊橋西武百貨店でした。

アマランタイン Music アマランタイン

アーティスト:エンヤ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« NHKプラネテス 本放送も佳境に! | トップページ | モットーバトンに回答します。 »

コメント

夢工房様、モットーバトンの方受け取って
くださりありがとうございました。
まわさなかったりご自由にお持ち下さいと
書いている方も多いので、次回からは
そうすることにします、、、。
昨日TVチャンピオンで、コスプレ王選手権が
放送されていましたが、ごらんになった
でしょうか。
もちろんメイドカフェもたくさん紹介されて
いましたよ~。

投稿: ゆきぞう | 2005年12月 9日 (金) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052/71511

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆電話、ICカードは交換ですよ!:

« NHKプラネテス 本放送も佳境に! | トップページ | モットーバトンに回答します。 »